錦糸町駅3分のネイルサロン&スクール ブラゼ

NAIL SCHOOL

VOICE

卒業生の声

Interview

インタビュー

長谷川 未季(はせがわ みき)さん

  • 2015年ブラゼネイルスクール卒業
  • 現ブラゼネイルサロン店長

ブラゼネイルスクールだから叶えることができた、
自分らしいネイルの学び方

21歳の時、ブラゼ(Blah-zeh)ネイルスクールへ。卒業後はブラゼ(Blah-zeh)ネイルサロン勤務。2018年7月に店長就任。幼いころお母様からマニキュアを塗ってもらった思い出や、ご自身でもネイルが趣味だったこともありネイルの道へ。未経験から経験を積み、ネイルサロンで学んだ技術を活かして現在はブラゼネイルサロンの店長としてご活躍されている長谷川さんにブラゼネイルスクールについてお話を伺いました。

ネイリストを目指そうと思ったキッカケは?

ネイリストを目指そうと思った
キッカケは?

もともとアパレルショップで店員をしていて、ファションや美容に興味がありました。「販売だけにとらわれず、技術や資格を持って接客業がしたい」と考えるようになり、まつげエクステのスクールに通いました。そのスクールがネイルサロンも経営していたので、基礎的なことを教えていただいて興味を持ち、最終的にはネイルの勉強を本格的にしたいと思うようになったのがキッカケです。人から見られるだけではなく、自分からも手元は見えますし、季節や気分に合わせてお洋服と同じように変えられるところがネイルの魅力だと思います。

ブラゼネイルスクールを選んだ理由は?

ブラゼネイルスクールを
選んだ理由は?

私が三歳頃から髪の毛を切ってくださっている美容師の方の紹介がきっかけです。錦糸町で美容室をされていて、母のような友達のような存在の方なのですが、仕事で悩んでいた時に「ネイルに興味があるなら」とブラゼネイルスクールを紹介していただきました。
その方のおすすめというのも大きいのですが、やはり決めてはすべてマンツーマンというところです。大手のネイルスクールなどへも資料請求をしてみたのですが、検定対策以外の授業をマンツーマンで指導してくれるような学校がありませんでした。 その点、ブラゼネイルスクールは実習から座学にいたるまですべてがマンツーマンで、自分の習熟度に合わせてプログラムを考えてくれますし、授業の時間も自分の都合に合わせてもらえます。私は平日に週2日ほど通っていましたが、検定試験の時はかなり授業を詰めて、それ以外はゆったりめになど、本当に希望に合わせて時間を決めてもらえるんです。

仕事とスクールの両立は?

ブラゼネイルスクールに通うことを決めた時点でアパレルのお仕事は辞めていて、アルバイトをしていました。働きながらでしたが、それほど大変とは感じることなく自分のペースで楽しく通うことができました。ブラゼネイルスクールは先ほどもお話したとおり、自由に授業時間を決められます。「ちょっと朝だけ授業を受けたい~」「自分の苦手なところを集中して練習したい~」など講師と相談しながらプログラムを進めることができます。大手のネイルスクールだとコマ数が決まっていて自動的に授業が終わってしまいますが、ブラゼネイルスクールは時間こそ決まっているけれど内容は自由でした。

ネイリストを目指そうと思ったキッカケは?

先生や授業の印象は?

私は伊藤代表から指導を受けたのですが、経験が豊富な方なので、得意・不得意を見つけて一つずつ丁寧に上達を促してくれるスタイルが本当にありがたかったですね。伊藤代表は優しくて面白い人です。私は漢字が苦手なので、伊藤代表が「テキストの読めない漢字にふりがなをふりましょう」っておっしゃってくれて(笑)。
ブラゼネイルスクールに通い始めた時は成人していたので、二十歳をこえた大人にこんなに優しく教えてくれるなんて…と感動したことを覚えています。もちろんジェルネイルもマニキュアも何もかも初めてでしたから、二人きりで手取り足取り丁寧に指導していただけました。宿題もたくさん出ますが、モチベーションを上げてくれて「コレできるようになったら、アレもできるようになるよ!」と励まされながら卒業することができ、検定試験にも順調に合格することができました。練習は大変でつらい時もありましたが、楽しい思い出の方が多いです。

卒業後はBlah-zeh(ブラゼ)のネイルサロンにご就職され、
店長になられています。

どのようにステップアップされましたか?

伊藤代表に誘っていただき、はじめの半年間ほどは先輩ネイリストのアシスタントなどを経験しました。その後、伊藤代表からの提案で、定価の半額でネイル体験ができる『スチューデントネイルサロン』を店舗内に期間限定でオープンしていただきました。自分でデザインを作り、お客様にアンケートを細かく書いていただいて伊藤代表と一緒に振り返ることでとても良い学びの場となったと思います。サロン併設のスクールだからできた体験だと思います。そして、その数カ月後にはプロのネイリストとして働き始めました。
ネイリストとして働く日々の中で、いつかは店長になりたいと思っていました。伊藤代表から「やってみたいなら、店長になってみない?」と声をかけられた時は嬉しかったですけど、今思えば不安のほうが大きかったです。ネイリストとしての経験がまだ浅かったですし、お客様の考える”店長”は何でもできるし、技術力もスゴイというイメージがあると思っていたので、私ではまだまだ力不足だって。ただ、伊藤代表が私たちスタッフの希望をきちんと汲み取って叶えてくださる方ですし、スタッフ同士も仲が良いので頑張っていこうと思っています。
今後は技術を磨いて、ネイルの資格もすべて取得し、お客様からもスタッフからも慕われる店長になりたいです。ブラゼネイルサロンに来れば安心と思っていただけるようなお店づくりを目指しています。

MESSAGE

ネイリストになりたい方に向けてメッセージ
ネイリストになりたい方に向けてメッセージ

一人のお客様と面と向かい、人生に関われるようなお付き合いができるのがネイリストの魅力です。技術を学んでいけば、自分でどんなアートも生み出せ、それをお客様にご提案できますし、お客様の「こんなネイルにしたい!」というご要望にも応えることができます。喜んでいただける姿を見るのはとても嬉しいし幸せを感じます。不器用だから、絵が下手だから、という不安は忘れてほしいですね。練習すれば絶対に上達するし、できる技術が増えるときっと楽しくなります。もし迷っていたら、一歩踏み出してほしいです。なりたい自分や夢を叶えることは、誰にでもできることだと思います。